定義と査定額の目安について

交通事故

事故車というと、事故を起こしてしまった車だと考える人が多いかもしれませんが、中古車業界ではその定義が違います。中古車売買においては、車の骨格部分に損傷があったり、それを交換または修理したりしたことがある車のことを指すのです。つまり、法律上の交通事故などを起こしたかどうかにかかわらず、車の骨格部分に問題がある場合にそう呼んでいるということになるでしょう。車の骨格部分というのは、具体的にはフレームやフロントクロスメンバー、そしてフロントインサイドパネルなどを指し、この部分が問題になります。そのため逆に言えば、たとえ交通事故等を起こしていても、これらの骨格部分に問題がないのであれば、事故車とはみなされないということになります。車の骨格部分以外のものとしてはフロントバンパーや、ロアスカート、そしてフロントフェンダーなどがあると言えるでしょう。そして、事故車というのはそもそも買取が出来るのか不安を持っている人もいるかもしれませんが、実は、多くの中古車買取業者で買取が可能となっています。ただし、当然のことながら一般的な中古車と比べると評価が下がってしまうため、査定額は低めになってしまうと言えるでしょう。実際の査定額については、すでに修復された車の場合は、同じ車種の一般的な中古車よりも5万円~10万円程度低めになり、修復していない場合は、10万円以上低めになると言えます。

申し込む方法と事前の修理について

交通事故

事故車の査定の申し込みは、電話やネットなどから行うことが可能であり、業者によっては即日買取が出来るところもあります。ですので、自分で目星を付けた業者に申し込めばよいのですが、より高く売りたい場合は、1つの業者だけでなく、複数の業者に査定を取ってもらうようにするとよいでしょう。査定額というのは業者によっても変わってくるため、複数の業者に査定してもらって、一番高い査定額を出した業者を選ぶとより高く売ることが出来るのです。ネット上には、一括査定依頼サービスという、複数の業者に一度に査定してもらえるサービスがあるので、そちらを利用すると便利でしょう。そして、実際に査定をしてもらう前に準備しておきたいこととして、車を修理しておくことを考える人も多いかもしれません。もちろん、しっかりと修理されている方が査定額がアップする可能性はありますが、事故車の場合は、修理費以上の査定額アップはあまり期待出来ないと言えます。ですので、もう車に乗るつもりがないのであれば、修理をせずにそのまま出したほうが修理費を損せずに済むと言えるでしょう。

広告募集中